評判シリーズ・ダブルブレイン(ブル&マイルド)を評価!2商品の違いと投資戦略の仕組みを解説。販売会社はSBIや三井住友銀行など!

今回取り上げるのは人気シリーズであるダブルブレインブルとマイルドです。

 

ダブル・ブレインはMorning Starのファンド・オブ・ザ・イヤーのオルタナティブ型部門の最優秀ファンドとして選出された投資信託です。

ブルとマイルドに関しては、簡単に言えばハイリスクハイリターンを狙うのがブル。リスクを縮小しよりマイルドなリターンを狙うのがマイルドです。言葉そのままですね。

詳しく解説していきたいと思います。

 

ダブルブレインのマイルドとブルの特徴

マイルド

マイルドは「マン・ファンズⅨ-マン・インスティテューショナル・ ポートフォリオ・バナジウム-⽇本円クラス」に投資を中心とします。

中⻑期的な信託財産の成⻑と安定した収益の確保を図ることを⽬的として運⽤を⾏なうこと を基本とします。

 

ブル

ブルは「マン・ファンズⅨ-マン・インスティ テューショナル・ポートフォリオ・クロム-⽇本円クラス」への投資を中⼼とします。

中⻑期的な信託財産の成⻑を図ることを⽬的として積極的な運⽤を⾏なうことを基本としま す。

 

この記事から入ってきた人には突然マイルド、ブルと言われてもわからないと思いますので、本家の「ダブルブレイン」という商品をここでも少し触れていきます。

 

ダブル・ブレインはMorning Starのファンド・オブ・ザ・イヤーのオルタナティブ型部門の最優秀ファンドとして選出された投資信託です。 ...

 

本家ダブルブレインとはどのような商品なのか?

ダブルブレインはオルタナティブ投資的な運用を行うことを目的として野村アセットマネジメントが運用している、ファンズオブファンズ形式の投資信託です。

大半をマングループ(ロンドンの世界有数ヘッジファンド)の傘下であるAHLが運用するマン・ファンズIX-マン・インスティテューショナル・ ポートフォリオ・チタニウムに投資。

同ファンドは以下の戦略で運用を行なっております。

ダブル・ブレインの2つの戦略
戦略 構成比率
ターゲットリスク戦略(リスクコントロール) 86%
ダイバーシファイド戦略(トレンド) 14%

 

ターゲットリスク戦略は、各投資対象を買い持ち(ロング)するポジションをとり、安定した収益の獲得を目標に運用を行ないます。株、インフレ連動債、クレジット、債券・金利、コモディティなどが対象になります。レバレッジもかけます。

  • 24時間休むことなく、リスクをコントロールしながら、世界の多様な資産に投資します。
  • 10分ごとに価格動向を分析。相場異変を察知した場合は、リスク資産への投資配分を大幅に削減し、損失抑制を図ります。
  • 相場の下落傾向を察知した場合は、資産の値動きに応じて投資配分を調整します。

 

ダイバーシファイド戦略は、各投資対象を売り持ち(ショート)または買い持ち(ロング)するポジションをとり、市場の上昇トレンドならびに下降トレンドの双方に追随し、絶対収益の獲得を目標に積極的な運用を行ないます。空売りも実行し下落相場もリターンを追求するということです。

 

  • すべての投資対象市場の「上昇傾向(トレンド)」や「下落傾向(トレンド)」を判断。価格の上昇局面だけでなく、下落局面においても収益機会があります。
  • 高度なテクノロジーに裏付けされた戦略に基づき、世界中の市場を対象としてポートフォリオを構築。リスクの低減と取引機会の拡大を追求 します。

 

上記2つの戦略を活用しリターンを狙うのですが、過去1年のリターンは低い水準となっています。

オレンジ色がダブルブレイン、赤色が日経平均、青色がS&P500です。2020年の株式相場は堅調でしたが、大きくアンダーパフォームする結果となってしまいました。

 

マイルドとブルと本家ダブルブレインの違い

主な違いは以下の通りです。

ダブル・ブレイン(マイルド) ダブル・ブレイン ダブル・ブレイン(ブル)
値上がり益の獲得重視 ☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆☆
下値抑制の重視 ☆☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆
キーワード 安定的な運用 中長期的な資産形成 積極的な運用

 

名前の通りなのですが、マイルドは安定運用、ブルは積極運用、ダブルブレインはその中間ですね。人は中間を好むので、結局ダブルブレインが一番購入金額は大きくなる設計になっているのではないでしょうか。

 

リスクリターン分布は以下の通りとなっております。試算なのであまり参考になりませんが、こちらを目指すということです。

 

実際のパフォーマンスはどうなっているのでしょうか?ブルとマイルドは試算通りとなっているのでしょうか。

 

ダブルブレイン(ブル・マイルド)のパフォーマンスは?

ブルのパフォーマンス

ブルは積極的な運用、値上がり益の獲得を重視した商品です。

日経平均とS&P500指数と比較してみます。大幅なアウトパフォームが期待されますが、以下の通り2つの指数をアンダーパフォームしています。

オレンジがダブルブレインブル、赤がS&P500、青が日経平均株価です。

https://www.bloomberg.co.jp/quote/01312213:JP

 

非常に残念な結果ですが、マイルドに期待しましょう。ブルは積極的にリターンの獲得を目指しますので、もしかしたら大きく失敗した取引があったのかもしれません。

安定運用しているマイルドをみていきましょう。

 

マイルドのパフォーマンス

ダブル・ブレイン(マイルド)

オレンジがマイルド、赤がS&P500、青が日経平均です。マイルドの方が厳しい結果となってしまいました。

 

ダブルブレインシリーズは直近1年は大きく指数をアンダーパフォームですね。

 

マイルド・ブルの購入方法

すでに指数すらオーバーパフォームできていない状態ですので、購入を検討することはないと思いますが、購入方法を一応記載しておきます。

ちなみに管理人がおすすめと考えている投資先は以下に記載していますのでそちらも参考にしてください。

【最新2021年度版】管理人ワタルのおすすめ投資先ランキング BEST3!〜ヘッジファンドなどをポートフォリオに組み入れ守りながら勝ち続ける〜
大切な資産を預けるのだから、実績があり、尚且つ本当に信頼のおけるファンドに預け入れたい。しかし、どのように選んだらいいのか分からないと投資先を迷...

【最新2021年度版】管理人ワタルのおすすめ投資先ランキング BEST3!〜ヘッジファンドなどをポートフォリオに組み入れ守りながら勝ち続ける〜

 

肝心の購入方法ですが、野村證券の商品ですので野村證券口座、その他SBI証券、アイザワ証券、むさし証券など証券会社で購入可能です。三井住友銀行でも取り扱いがあります。

ブル、マイルド同様です。

 

マイルド・ブルの手数料

購入手数料は3.3%(税抜3.0%)となっています。一般的なアクティブ投信と同様の水準ですね。

通常の信託報酬は年0.913%(税抜0.83%)です。投資対象とする外国投資証券の信託報酬率はブルとマイルドで異なります。

マイルドが年1.863%(税込)程度、ブルが年2.313%(税込)です。

信託報酬は合計で実質、マイルドが年1.863%、ブルが年2.313%です。アクティブ投信にしては非常に高い水準です。

 

下落相場に強いファンドで運用しよう

ダブルブレインシリーズのパフォーマンスを見た結果、下落相場でダメージを受けそのまま回復できていないような印象を受けました。

2020年は異次元緩和によるバブル相場でしたが、ダブルブレインシリーズは指数を大幅にアンダーパフォームしています。ハイリターンを獲得するには実は資金管理こそが最も重要で、ハイリターンを出した後に、如何にその資産を守れるのかが非常に重要になるのです。

資産を大きく積み上げていくには、マイナスを出さず下落相場でも資金が守れる、そしてリターンを獲得すべき場所ではしっかり取るという運用が必要です。

しかし、それは非常に難易度が高いことでもあります。そのような条件にあてはまるファンドを私の投資先ランキングでは厳選して紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

 

ランキング

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

マザーズの小型ベンチャー株に思いっきり資金を投入。一か八か、株価が急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

資産運用の重要性

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てのどういうわけか資産が増えない運用方法はやめましょう。クラシック且つ質実剛健な資産運用を行なっていくべきです。

私も資産運用歴はもうかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

ありがとう投信が運用する「ありがとうファンド」を徹底評価!評判や運用実績について...

NO IMAGE

【愛称:日本AI(あい)】人工知能に活用した投資信託「AI日本株式オープン(絶対...

NO IMAGE

【愛称:THE 5G】5G銘柄に投資できると評判の投資信託「次世代通信関連 世界...

NO IMAGE

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資「おおぶね」を徹底評価!高い利回りで評判の投...

NO IMAGE

【厳選投資】長期で高い成績が評判の投資信託「スパークス・新・国際優良日本株ファン...

NO IMAGE

暴落を幾度となく経験し不調にあえぐ「ひふみ投信」や「ひふみプラス」の時代は終わっ...