アインシュタインの「複利は人類最大の発明」から考える複利効果の偉大さと必要な年間利回りのを算定する。

「人類最大の発明は複利だ」

これは、なんとあと天才物理学者であるアインシュタインの名言です。資産運用とは関係ない天才物理学者の言葉であることは驚きですよね。

アインシュタイン

この複利を生かせるかどうかが資産運用の世界では成功と失敗の分かれ目になるといっても過言ではありません。むしろ、複利を活かせない運用は全て失敗と捉えても良いくらいに絶大なインパクトをもたらします。

今回はこの複利について説明した後に、具体的にどのようなインパクトがあるのかを解説していきます。

そもそも複利とは?

「複利」とは簡単に言えば「利子」に「利子」がつくことです。

100万円を5%で運用すると、1年で105万円になります。「単利」であれば、2年目も100万円の5%の利子がつき、 合計110万円になります。

しかし、「複利」であれば105万円の5万円部分にも利回りが乗っかります。つまり2,500円のリターンが出るのす。つまり、2年目の資産は単利の場合ですと110万円ですが、複利を生かすことで110万2500円になるのです。

これを10年継続すると複利で運用した場合は162.9万円となりますが、単利は150万円となり12.9万円の差がでてきます。

複利と単利の違い
単利 複利
元本 100 100.0
1年後 105 105.0
2年後 110 110.3
3年後 115 115.8
4年後 120 121.6
5年後 125 127.6
6年後 130 134.0
7年後 135 140.7
8年後 140 147.7
9年後 145 155.1
10年後 150 162.9

 

この差が20年になると62万円となります。1000万円運用していたら620万円の差になってくるのです。塵もつもれば山となるレベルではありませんね。

複利と単利の20年の差

複利を生かした資産の構築

何不自由なく生活する為に十分な資産を構築する為に必要な年間利回りの算定方法は二つの変数を定める必要があります。

1つ目は年間いくら投資に回すか、2つ目は何年間で十分なお金を貯めるかです。

資産構築のモデルケース

簡単な例の為に30歳から年間100万円を投資に回し、50歳でリタイアし50歳から85歳までの費用を賄うことを目標とするとします。以下の私のケースで考えてみましょう。

【早期退職後に必要となる金額】

50代:月70万 × 12カ月× 10年 = 8400万円
退職後36万円×12カ月×25年=1.0億円

合計1.8億円となります。(60歳からは1.0億円)

 

今回以下の現実的に考えられるケースで考えたいと思います。

  • 投資開始:30歳
  • 投資終了:60歳
  • 初期投資額:500万
  • 毎年の追加投資:100万
  • 50歳早期退職金:2000万
  • 50代の時に発生する費用:840万/年

 

上記の条件で60歳以降に必要な1億円を60歳で蓄える為に必要な利回りを算定すると9.6%となります。9.6%で運用が成功した場合の資産が以下となります。

30歳の500万円を年間100万円積み立てしながら9.6%で運用した場合の資産推移
年齢 資産
30 548
31 710
32 888
33 1083
34 1296
35 1530
36 1787
37 2068
38 2376
39 2714
40 3084
41 3490
42 3934
43 4422
44 4956
45 5541
46 6183
47 6886
48 7656
49 8501
50 9427
51 9492
52 9563
53 9641
54 9727
55 9820
56 9923
57 10036
58 10159
59 10294
60 10443

 

保守的ケース(毎年の追加投資額が大きい場合)

次により保守的に以下のケースで考えて見ましょう。

  • 投資開始:30歳
  • 投資終了:60歳
  • 初期投資額:500万
  • 毎年の追加投資:200万
  • 50歳早期退職金:2000万
  • 50代の時に発生する費用:840万/年

 

という条件で60歳以降に必要な1億円を60歳で蓄える為に必要な利回りを算定すると6.4%と非常に現実的な数値となります。

30歳の500万円を年間200万円積み立てしながら6.4%で運用した場合の資産推移
年齢 資産
30 532
31 779
32 1041
33 1321
34 1618
35 1935
36 2271
37 2629
38 3011
39 3416
40 3847
41 4306
42 4795
43 5315
44 5867
45 6456
46 7082
47 7748
48 8456
49 9210
50 12013
51 11888
52 11755
53 11613
54 11463
55 11303
56 11132
57 10951
58 10758
59 10553
60 10335

一方、注意しなければいけないのは安定してプラスの収益を出すことです。

マイナスが定期的に発生するパターンを想定

例えば1年目20%、2年目-10%、3年目20%、4年目-10%という風にいったとすると一見凄い勢いで資産は増えていきそうなものですが、上記の第二パターンの場合以下のようになります。

20%のプラスと10%のマイナスを交互に出した時の資産形成
年齢 資産
30 600
31 720
32 1104
33 1174
34 1648
35 1663
36 2236
37 2193
38 2871
39 2764
40 3557
41 3381
42 4297
43 4048
44 5097
45 4767
46 5961
47 5545
48 6894
49 6384
50 9901
51 8155
52 8778
53 7144
54 7565
55 6053
56 6255
57 6498
58 5092
59 5103
60 3837

マイナスのリターンをだすと大きく資産を毀損してしまうことになるのです。そのため、順調に+を積み重ねていくことが重要になります。

資産運用としての投資先9種類を徹底比較!リスク・リターン別に長期的に大きな資産を築く投資先を徹底解剖

順調にプラスを出していくためにはどうしたらいい?

やはり、投資にはリスクがつきものですが、リスクをゼロにしようとすると元本保証の金融商品を購入することになってしまいます。例えば、定期預金が代表的です。

 

しかし、定期預金の利回りは0.002%など、非常に低い水準です。日本はゼロ金利政策などを実施しており、すでに現金を預けているだけでは利回りは出なくなってしまいました。

昔は預金だけで6.5%など高い利回りが出る時代もありましたが、そんな素晴らしい時代は終わってしまいました。

 

今では日本政府がインフレターゲットして2%のインフレを実現すべく、今後様々な政策が実施されます。

長らくインフレは起きていませんが、2020年のインフレ率は-0.1%と底を打っているような状況に近いです。つまり、2%は実現できなくても今後は必ずインフレ率が上昇することが見込まれています。

 

また、資産運用で大切なのは「国に逆らった動きをしない」ことが最も大切です。日本政府の財務状況を見ても、対外純資産がなんと364兆円という大規模な数字になってしまっています。

日本の対外純資産と負債

資産は1097兆円、負債は733兆円と資産比率が非常に高い状況です。つまり、円安に向かえば向かうほど日本の資産は増大していくのです。

円安に向かうということは、それは国内のインフレ率が上昇するということです。インフレ率の上昇は、国内にある現金の価値を下げるということです。

つまり、定期預金は利回りが低いばかりか今後現金の価値が下がっていくのです。利回りを上回る価値の減価を起こすのです。

 

タンス預金も直撃します。これでも、円で資産を持つという選択肢を取るリスク選考型の方は、そう多くないでしょう。

世界一のヘッジファンドを運営するレイダリオ氏も現金はゴミであるという名言を残しているのは、米国でも同じ考えで皆積極的に資産運用をしていることの裏返しになっています。

安定して複利を積み上げていく投資先とは?

では、どこに投資すべきなのでしょうか?

答えはすでに歴史が証明しています。それは株式投資です。以下は1802年から「株」「債券」「国債」「金」のリターンの比較です。

株式投資のリターンは群を抜いており高利回りを狙っていくにあたり株式投資は外せません。

大きな資産を築くのであれば株式投資

また、現在米国、日本も低金利政策をとっており、この低金利の間は特に株式に資金が流入するため、2020年のコロナショック後は完全に株式相場が急上昇を続けています。

つまり、今この時点で定期預金で運用をしていた人は、株式投資をしていた人に大きくリターンが劣後してしまっているのです。

 

流石に株式相場は急騰しすぎているものの、まだまだ低金利政策は続行しており株式投資をしている人がとても有利な展開は残り3年程度で終わるかもしれませんが、それでも株式投資のリターンは他資産に比べると常に高いものになっていきます。

しかし、株式投資というのは個人で運用するにはとても危険です。メディアでは億り人デイトレーダーなどがもてはやされています。しかし、生存者バイアスがかかっていることを忘れてはいけません。

 

億り人が出現する裏には、株式相場で敗北を喫し全財産を失い路頭に迷ってしまった人は多数います。上昇相場の中でも、相場は甘くなく、やはり5年、10年と相場に張り続け、実力を伸ばし、才能を開花させた人が勝てる場所なのです。

最後に才能と入れましたが、株式相場は残念ながら努力だけでは勝てません。どうしても才能が必要な世界なのです。そしてその才能があるかどうかは長い期間勝ち続けられているかどうかでしか測れません。

 

そんな才能がある、株式相場で勝ち続けているプロの投資家が在籍する代表格がヘッジファンドです。ヘッジファンドは投資信託などとは異なり、私募ファンドであり、世に多くの情報が出ていません。

→ ヘッジファンドと投資信託の違いとは?運用形態、手数料、最低出資額を含めて網羅的に比較する!!

 

ヘッジファンドはいかなる市場でもリターンを得ることも目標にしたファンドです。実際、リーマンショックも軽傷でおさえ安定したリターンを積み上げています。

ヘッジファンドと市場平均のリターンの差

そのパフォーマンスの高さから、年々ヘッジファンドの運用残高は増加の一途を辿っています。

ヘッジファンドの運用残高

私自身もヘッジファンドで運用をしていますが、以下の記事でおすすめヘッジファンドとその選び方のポイントをまとめています。

 

【2021年】日本のおすすめヘッジファンドランキング!投資する際に気をつけたいポイントを徹底解説。
今回は、私の投資の軸を形成しているヘッジファンドへの投資について、ヘッジファンドとはそもそも何なのか、何が優れているのか、 そしてどのよう...

 

まとめ

今回は複利運用の重要性と、個人投資家が投じるべき資産について紹介しました。

今の時代は、国民全員に金融リテラシーが求められ、自分が無知であることは機会損失に繋がります。

機会損失とは、損失です。例えば、2020年のコロナショック後の低金利下で、株式に資産を投じていなかった人たちは大きく機会損失を被りました。

適材適所に資産を置くように心がけましょう。

資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

 

ランキング

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

マザーズの小型ベンチャー株に思いっきり資金を投入。一か八か、株価が急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

資産運用の重要性

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てのどういうわけか資産が増えない運用方法はやめましょう。クラシック且つ質実剛健な資産運用を行なっていくべきです。

私も資産運用歴はもうかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

インフレヘッジに金購入は有効なのか?金投資は儲かるのかをわかりやすく解説する。

インフレヘッジに金購入は有効なのか?金投資は儲かるのかをわかりやすく解説する。

NO IMAGE

ハイリスクハイリターン投資は危険?ローリスクミドルリターン投資を実行し資産を構築...

NO IMAGE

貯金が貯まりやすい高収入な医師こそ投資するべき?医者も高収入を活かして特別な資産...

NO IMAGE

宝くじに当選したら投資しよう!当たったら散財をせずに資産運用すべき理由をわかりや...

NO IMAGE

宝くじを当てるより断然高確率に資産を増やす、億万長者になる投資・資産運用法

NO IMAGE

日本で想定されるインフレと対策についてわかりやすく徹底解説!インフレヘッジに適し...