大注目のフィンテック企業に投資できると評判のグローバル・フィンテック株式ファンドを評価!

グローバルAIファンドグローバル・ロボティクスと大層な名前のファンド(投資信託)が本当に多いですよね。

トレンドに沿った名前のファンドは綺麗なプレゼン資料と未来へのストーリーを明るくするだけでポンポンと売れていきそうです。

 

今回紹介するのは「グローバル・フィンテック」ですが、その内容と実績、評価、見通しを見ていきたいと思います。

グローバル・フィンテック株式ファンドとは?

一言でいえば世界中の有望なフィンテック企業に投資をしてリターンの獲得を目指すファンドです。儲かりそうですね。

私が個人的に思いつくのは米国のペイパル、スクエア、アファーム、中国のなどですかね。

証券アプリなどもフィンテックに入ると思うので今話題のロビンフッドや中国のFUTUなどもフィンテックになりますでしょうか。

 

フィンテックとは

■フィンテック(FinTech)とは金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語で、最新の情報技術を活用した「新たな金融サービス」のことを言います。

■フィンテックはスマートフォンのアプリなどを通じた金融サービスを中心に急成長しており、その利便性の高さから「私たちの生活を一変させるイノベーション」として注目されています。

 

急増するフィンテック関連分野への投資

日本ですと、マネーフォワードなどの家計簿アプリ、他にはPAYPAY、LINE PAY(PAYPAYに統合されるみたいです)などなどですかね。あとPAYPAY証券ですかね。孫正義に日本のフィンテックは支配されてますよねこれ。

あとはロボアドバイザーとかもフィンテックですね。運用をロボットに任せるのか!と興奮したものの手数料高すぎて萎えましたが。

 

米国に比べると日本のフィンテックの盛り上がりは寂しいものを感じますが、米国で流行したものはしばらく時間を置いて日本で流行るので、日本企業のフィンテックブームはこれからなのかもしれません。(最近ゴールドマンサックスもひどい商品出してましたね、。笑かしてもらいました)

 

その意味で、グローバルフィンテック株式ファンドは2020年中にどれくらいフィンテックブームを織り込んでしまったのかどうかがこれからの購入判断を決めそうですね。

ファンドの概要

目論見書を抜粋します。

 

<商品分類>

  • 単位型・追加型:追加型
  • 投資対象地域:内外
  • 投資対象資産(収益の源泉):株式

<属性区分>

  • 投資対象資産:その他資産(投資信託証券(株式 一般))
  • 決算頻度:年1回
  • 投資対象地域:グローバル(含む日本)
  • 投資形態:ファミリーファンド
  • 為替ヘッジ:なし

 

ファンドの目的

主として、日本を含む世界の金融商品取引所に上場されているフィンテック関連企業の株式に投資を行ない、中長期的な信託財産の成長をめざして運用を行ないます。

世界の株式の中から主にフィンテック関連企業の株式などに投資します。

●今後の成長が期待されるフィンテック関連企業の株式(預託証券を含みます。)を中心に投資を行なうことにより、中長期的な信託財産の成長をめざします。

●外貨建資産の投資にあたっては、原則として、為替ヘッジは行ないません。

 

<運用プロセス>

運用プロセス

ARK社の助言を受けますということは完全にスクエアとペイパルを買いましょうというファンドだと思うのですが、ポートフォリオはあとで見ましょう。

 

ハイテク系が多くを占めるポートフォリオ

1位 SQUARE INC-A アメリカ ソフトウェア・サービス 7.90%
2位 MERCADOLIBRE INC アメリカ 小売 4.60%
3位 TENCENT HOLDINGS LTD 中国 メディア・娯楽 4.40%
4位 INTERCONTINENTAL EXCHANGE INC アメリカ 各種金融 4.30%
5位 PAYPAL HOLDINGS INC アメリカ ソフトウェア・サービス 4.10%
6位 ZILLOW GROUP INC-C アメリカ メディア・娯楽 4.10%
7位 ADYEN NV オランダ ソフトウェア・サービス 3.90%
8位 SEA LTD-ADR ケイマン諸島 メディア・娯楽 3.90%
9位 PINTEREST INC-CLASS A アメリカ メディア・娯楽 3.70%
10位 LENDINGTREE INC アメリカ 各種金融

 

想像通りスクエアとペイパルがポートフォリオに入っています。MERCADOLIBRE INCはECではないのか?意外でした。

調べましたが、MERCADOLIBREのプラットフォームは、オンラインとオフラインの両方で商取引を促進するためのサービスをユーザーに提供していました。フィンテックですね。

 

Tencentは、「Waterdrop」や「 Xiaobang」などで有名ですね。

「 Xiaobang」は保険プランニング・金融教育サービスです。

グローバル・フィンテック株式ファンドの特徴

ARK社の調査の下、という点を推しに推していますが、アーク社とはどのような会社なのでしょうか?米国では2020年のコロナバブルにおけるスーパーヒーロー的ファンドでした。

ETFなのに+170%などというリターンを叩き出したりと大暴れしたファンドです。

キャシー・ウッド氏が率いるアーク・インベストメント・マネジメントの旗艦上場投資信託(ETF)「アーク・イノベーションETF」

●アーク・インベストメント・マネジメント・エルエルシー(アーク社)では、破壊的イノベーションを発掘するには、従来の伝統的なリサーチ手法だけでは不十分と考え、ユニークなプロセスで調査を行なっています。

●テーマ選択や調査対象企業群の特定は主にトップダウンで行ない、企業の分析・銘柄選択などは、主にボトムアップで行なっています。

アーク社のリサーチシステム

 

ARK Investの代表はキャシー・ウッド氏。

キャシー・ウッド

ARKのお墨付きということで、人気のあるファンドなのかもしれませんね。(ARKを買った方が早いのではないかというところですが)

実際の成績

実際の成績を見ていきましょう。基準価額は右肩上がりです。

グローバル・フィンテック株式ファンド

 

まだ若いファンドですが、1年リターン、3年リターンが凄まじいことになっていますね。

1年 3年(年率)
トータルリターン 107.28% 33.23%
標準偏差 30.01 26.38
シャープレシオ 3.57 1.26

参照元:https://portal.morningstarjp.com/FundData/SnapShot.do?fnc=2017091504

 

2020年3月のコロナショックから、リモートワーク銘柄を中心にフィンテック企業の株価も大きく上昇しました。

ナスダック総合指数の株価推移

 

まさに大きく波に乗っていたのがグローバルフィンテック株式ファンドの銘柄たちなのです。もはや全上げです。

SQの株価推移 メルカドリブレの株価推移 テンセント株価推移

2020年3月以降にグローバルフィンテック株式ファンドを購入した人は大成功でしょう。

しかし、この快進撃はまだまだ続くのでしょうか?

グローバルフィンテック株式ファンドの評価と見通し

グローバル株式ファンドは上記で見た通り、まさにトレンドに思い切り乗り、ハイリターンを叩き出しました。

しかし、この勢いはまだまだ続くのでしょうか?

 

私個人の大局観としては、2020年のようなリターンはまず無理だと考えています。

ボーナスタイムは終わりです。成長は継続すると思います。

なぜ無理かというと、「景気が回復しているから」です。

 

株式市場は大前提として、1年、2年先を常に織り込みます。

「株価と実体経済が乖離している!」という嘆きをよく聞きますが、これはそもそも当然のことなのです。乖離していない方がおかしいくらいです。

不況時には政府が政策金利を下げ、緩和で市場に金をばら撒きます。大不況にならないように、景気がよくなるように、金をばらまくのです。

 

その結果、企業はお金を借りやすくなりますし、人々はお金を手にして消費に走ります。

景気がよくなれば雇用も回復し、働く人が増えます、さらに景気がよくなります。

この時点までは。

 

株価は上昇を続けます。金融相場というやつです。

しかし、政府(FRB)が景気の加熱を抑えにきたタイミング。つまり政策金利を上げていく方向に舵をとった瞬間に、株式市場は厳しい時間がきます。業績相場になります。

株価が上昇するのは、しっかりと成長している企業に絞られ、テーマ株や夢物語を語る企業の株価は暴落します。

 

2021年現在はまだ金融相場ですが、景気はどんどん強くなっています。

ワクチン普及、追加経済対策、雇用の回復、国債の利回り上昇。すでに業績相場は近いうちにくるかもしれないと考えています。

それまではたしかにグローバルフィンテック株式ファンドは面白いのかもしれません。(去年ほどの成績を残せないまでも)

 

しかし、「フィンテック」は明確にテーマ株です。金融相場が終わればそのセクターは確実にやられます。

個人投資家としても少し舵取りが難しい銘柄です。

テーマ株は短期間、光を放ちますが、長期で安定したリターンを生むことはありません。

 

成功する投資家が最も好むことは「安定して毎年リターンを出せる」です。

テーマ株にとらわれず、毎年着実にリターンを叩き出せるファンド探しをすることをお勧めします。

資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

 

ランキング

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

マザーズの小型ベンチャー株に思いっきり資金を投入。一か八か、株価が急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

資産運用の重要性

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てのどういうわけか資産が増えない運用方法はやめましょう。クラシック且つ質実剛健な資産運用を行なっていくべきです。

私も資産運用歴はもうかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

真のバリュー株投資を実践する投資信託は存在しない?日本のバリュー株投資信託がおす...

NO IMAGE

【ジェイリバイブ】過去10年では最強と評判のSBI中小型割安成長株ファンド(愛称...

NO IMAGE

2020年高いリターンを出し評判となった「グローバルAIファンド」を徹底評価!為...

NO IMAGE

ヘッジファンド型運用が評判の投資信託「ダブル・ブレイン」を徹底評価!野村アセット...

NO IMAGE

【ブログ更新】全世界に投資できると評判のキャピタル世界株式ファンドを徹底評価!限...

NO IMAGE

ピクテ・グローバル・インカム株式(毎月分配)を徹底評価。高配当・公益セクターに投...