TOPIXを上回る実績が評判の東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンをブログで徹底評価!

日本株に投資している様々なアクティブ投資信託が存在していますが、なかなかインデックスに対してプラスのリターンを出せているファンドはありません。

→ アクティブ運用型投資信託とパッシブ(=インデックス)運用型投資信託のどちらが優れている?リターンに加えシャープレシオや手数料水準から徹底比較!

 

しかし、その中でも運用開始以来高いパフォーマンスを出しているファンドも存在しています。今回紹介する東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンもその1つです。

本日は東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンの運用の特徴とパフォーマンスについて詳しくお伝えしていきたいと思います。

東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンの特徴とは?

ではまず東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンの特徴についてお伝えしていきたいと思います。

オーナー企業に投資することが最大の特徴

東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンは経営者が実質的に主要な株主であるオーナー企業を主要投資対象とするファンドです。

経営者が実質的に主要な株主である企業とは、経営者およびその親族、資産管理会社等の合計持株 比率(実質持株比率)が5%以上である企業とします。

参照:東京海上

 

オーナー企業に投資をすることで以下の2つのメリットがあるとしています。

  • 長期的な株主利益の追求
  • 迅速な意志決定

筆者も自分で会社を経営していて身を以て実感しているのですが、会社の利益の追求のために粉骨砕身することに苦痛を全く感じません。

利益が伸びれば、自分の資産が増加しますからね。オーナー企業の場合は企業の経営者と株主の利害が一致するのです。

さらに、大株主が経営者であれ意志決定が早いのも魅力的です。絶えず変化する環境に即座に対応してくれるのです。

 

実際、役員等の合計持ち株比率が5%以上である企業の営業利益水準の推移は以下のとおり、東証一部上場企業の利益を上回り続けています。

オーナー企業の営業利益水準は高い

投資先は中小型企業が多くを占める

オーナー企業が多いので当然中小型株の構成比率が高くなります。

東証 1部 大型株 8.8%
中型株 45.6%
小型株 37.5%
東証二部・マザーズ 5.5%
JASDAQ 1.6%

東証一部は2196銘柄上場企業が存在しますが、大型中型小型のくくりは以下の通りとなっています。

大型︓TOPIX 100 (時価総額・流動性の高い100銘柄)
中型︓TOPIX Mid 400 (TOPIX 100に次いで時価総額・流動性の高い400銘柄)
小型︓TOPIX Small (上記以外)

小型株に多く投資しているということは小型株効果を得ている可能性が高いですね。

構成上位10銘柄

ジャパンオーナーズの組入銘柄は45銘柄と比較的少なくなっています。上位10銘柄は以下の通りとなっています。日本電産以外は聞き覚えのない銘柄が多くなっていますよね。

銘柄 比率 時価総額 PER
リゾートトラスト
サービス業
5.2% 2,102億円 33.5倍
パーク24
不動産業
4.5% 3,433億円 68.4倍
アウトソーシング
サービス業
4.3% 1,733億円 17.1倍
日本電産
電気機器
4.2% 7兆6,623億円 62.7倍
ポーラ・オルビス
化学
4.2% 6,301億円 53.8倍
エアトリ
サービス業
4.0% 2,104億円 77.3倍
イズミ
小売業
3.7% 3,024億円 15.9倍
フジシール
その他製品
3.7% 1,467億円 16.9倍
ユー・エス・エス
サービス業
3.4% 6,343億円 22.8倍
SBSホールディングス
陸運業
3.4% 1,103億円 13.1倍

 

日本電産以外は初見の会社が多いのではないでしょうか。またPERは基本的に高い企業に投資をしているので、割安株投資ではなさそうですね。若干、高値圏の危険水域にある銘柄が多いのが懸念されます。

重要指標PBRとPERとは?株式投資における重要指標をわかりやすく解説!

 

構成上位の第1位であるリゾートトラストは高齢者富裕層をターゲットとした会員制の高級リゾートホテルを国内で展開しています。

リゾートトラストの株価推移
コロナが収束した後に伸びる銘柄ですね。直近の値動きは遅れを取り戻すように伸びてきている途中という感じの値動きになっています。

高い手数料

東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンはアクティブ型の投資信託です。そのため手数料は基本的には高くなっているんですが、その中でも高い水準となっています。

購入手数料:3.3%(税込)
信託手数料:年率1.584%(税込)

重要なのはパフォーマンスですので、次項で詳しく見ていきたいと思います。

ジャパンオーナーズの堅調な運用リターン

それではジャパンオーナーズのリターンについてお伝えしていきたいと思います。

高いリターンを実現

東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンは以下の通り2013年4月の運用開始以降の運用実績です。税引前分配金再投資後だと7年間で4.5倍になっています。

ジャパンオーナーズの基準価格の推移

実際には配当金を出した時点で20.315%の税金が自動的に支払わされます。そのため、青線のようなリターンになります。実際は青と橙色の真ん中のリターンとなります。

以下はジャパンオーナーズのデータですが、投資におけるリスクつまり値動きの激しさを表す指標である標準偏差は非常に大きくなっています。

1年 3年
(年率)
5年
(年率)
トータルリターン 44.17% 18.16% 28.20%
カテゴリー 44.21% 3.43% 15.24%
順位 38位 4位 3位
ファンド数 92本 81本 65本
標準偏差 19.67 19.67 18.09
カテゴリー 23.56 23.12 20.47
順位 20位 6位 12位
ファンド数 92本 81本 65本
シャープレシオ 2.25 0.92 1.56
カテゴリー 1.88 0.14 0.75
順位 24位 2位 1位
ファンド数 92本 81本 65本

 

日経平均とTOPIXとリターンを比較!期間別で紐解く

東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンは設立以来の成績は日経平均やTOPIXを大幅に上回っています。

ジャパンオーナーズの運用開始以降の日経平均株価とTOPIXの比較

2017年〜2019年の伸びが凄まじいですね。明らかにインデックスを凌駕した動きとなっています。

しかし、過去1年のリターンでみると以下の通り日経平均に劣後した成績となっています。この間、日経平均が堅調すぎたとみることも出来ますが。。

ジャパンオーナーズの過去1年の日経平均株価とTOPIXの比較

まとめ

東京海上・ジャパンオーナーズ・株式オープンについて纏めると以下となります。

  • 株主が経営者となっているオーナー企業に投資
  • 投資先は中小型株が多い
  • 投資銘柄は高PER銘柄が多い
  • 手数料はアクティブ型投信の中でも高い水準
  • 運用開始以来のリターンは日経平均やTOPIXを大幅に凌駕
  • 過去1年は日経平均には劣後

素晴らしい投信ではありますが、下落するときは大幅に下落するところが欠点としてあげられます。

長期的に資産を形成するためには暴落を免れながら安定的な7%-10%のリターンをだすほうが魅力的です。このようなファンドを以下ランキングで纏めていますので参考にしていただければと思います!

資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

 

ランキング

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

マザーズの小型ベンチャー株に思いっきり資金を投入。一か八か、株価が急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

資産運用の重要性

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てのどういうわけか資産が増えない運用方法はやめましょう。クラシック且つ質実剛健な資産運用を行なっていくべきです。

私も資産運用歴はもうかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

【レバレッジ型投資信託のリスク】評判の楽天日本株4.3倍ブルを楽天日本株トリプル...

NO IMAGE

日本電産の追い風でハイリターン?スパークス・ベスト・ピック・ファンド(ヘッジ型)...

NO IMAGE

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資「おおぶね」を徹底評価!評判の投資信託の実態...

NO IMAGE

【ブログ更新】全世界に投資できると評判のキャピタル世界株式ファンドを徹底評価!限...

NO IMAGE

【コモンズ投信】評判のコモンズ30ファンドは魅力的なの?肝心な利回りや手数料を含...

NO IMAGE

投資信託「投資のソムリエ」は評判通りの投資信託なの?話題の投信を基準価格の今後を...