運用成績がひどいと評判の「みのりの投信」とは?株式会社ポートフォリアが運用するマイナーな独立系投資信託を評価する!

日本には独立系投資信託が数多く存在しています。

当ブログでも「ひふみ投信」や「セゾン投信」をはじめとして有名どころの独立系投資信託については取り上げました。

 

しかし、日本にもメジャーなものだけでなく様々な独立系の投資信託が存在しています。

本日はその中の一つである株式会社ポートフォリオアが運用する「みのりの投信」についてお伝えしていきたいと思います。

みのりの投信とは?

ではまず「みのりの投信」がどのようなファンドなのかを紐解いていきましょう。

ファンドマネージャーは立田博司氏

投資信託において最も重要なのは誰が運用しているかということです。

「みのりの投信」は創業者の立田博司氏がファンドマネージャーとして運用を行なっています。

みのりの投信のファンドマネージャーは立田博司氏

2001年に米経済誌『Forbes』における「20 of the world’s Best Fund Managers」のひとりに選ばれ、2007年には米投信情報サービス会社Lipperから日本中小型株部門で10年間のBest Fundを受賞するなど、国内外の債券・株式運用に長年携わった経験が国際的に高く評価されている。

参照:みのりの投信

 

債券と株式の運用に20年以上の経験があるということが分かりますね。経歴としては申し分なさそうです。

元々、ブラックロックジャパンで「ブラックロック日本小型株オープン」の運用経験があります。

また、更に平成20年10月から平成21年9月のわずかな期間ですが、ひふみ投信に在籍した経歴も持っています。ひふみ投信を卒業した1年後に「みのりの投信」を立ち上げています。

経歴から考えると日本株の小型株投資の経験が豊富とみることができますね。

みのりの投信の特徴

みのりの投信が対象とするのは日本の小型株ファンドです。

時価総額の大きい銘柄だけではなく皆さんが聞いたことある銘柄だけではなく小型株もふんだんに取り入れています。

 

また相場が不透明感を増している時は先物の売建などを用いてヘッジする戦略をとる方針としています。以下は最新の2020年10末時点でのポートフォリオです。

みのりの投信のポートフォリオ

 

日本株を86.9%保有していますが、その内の33.0%を先物で売り建ててヘッジしています。

実質的にポートフォリオの約50%しか相場を張っていないので、現状コロナ第三波を懸念しているということが読み取れますね。

みのりの投信の構成銘柄

みのりの投信の構成上位銘柄は以下の通りとなります。

銘柄 組入比率 時価総額
パルグループ 5.6% 555億円
アダストリア 5.0% 885億円
IDOM 4.7% 586億円
日精エーエスビー機械 4.6% 765億円
SBSホールディング 4.6% 942億円
アネスト岩田 4.0% 394億円
スルガ銀行 3.7% 822億円
フジシールインターナショナル 3.6% 1197億円
ラクトジャパン 3.0% 298億円
ソラスト 2.7% 1510億円

 

投資している銘柄を俯瞰すると成長企業が並んでいるわけではありません。

構成1位のパルグループや、スルガ銀行のように苦境に陥っている銘柄を狙い撃ちにしているものも多く含まれています。

非常に高い手数料水準

みのりの投信の手数料水準は非常に高いものとなっています。

購入手数料:4.4%(税込)
信託手数料:年率1.925%(税込)

アクティブ型の投資信託の中でも非常に高水準の手数料体系ということがいえそうですね。

手数料が高かったとしても成績が高ければ問題ないので、重要な成績についてこれから紐解いていきましょう。

みのりの投信は直販だけではない

「みのりの投信」は直販型の独立系投資信託ですが、通常の証券会社でも購入することができます。

以下の証券会社で取り扱いされています。

取り扱い証券会社
楽天証券
SBI証券
北國銀行
いちよし証券

 

「みのりの投信」の運用成績は?

では重要な「みのりの投信」の運用成績について紐解いていきましょう。

直近3年間不調に喘いでいる

以下は「みのりの投信」の基準価格の推移です。

直近3年間不調に喘いでいる「みのりの投信」の基準価格の推移

運用開始した2013年から2017年まではアベノミクスの影響もあり基準価格は約2倍となりました。

しかし、その後現在まで基準価格を40%落として推移しています。今回のコロナショックでも35%ほど暴落しており市場平均よりも停滞打撃を被っています。

日経平均やTOPIXの成績にも劣後

「みのりの投信」は日本株の投資信託ですので、TOPIXと日経平均との比較が重要となってきます。

青:みのりの投信
赤:日経平均
緑:TOPIX

日経平均やTOPIXに対して劣後する「みのりの投信」

「みのりの投信」は両者ともに劣後した成績となってしまっています。

また更に過去3年でみると悲惨な結果になっています。日経平均が+15%、TOPIXでとんとんななか、「みのりの投信」は▲25%以上の損失となってしまっているのです。

過去3年のみのりの投信のひどい運用成績

他の独立系投資信託と比較

それでは他の日本株に投資している独立系の投資信託とも比較していきましょう。

青:みのりの投信
赤:ひふみ投信

緑:さわかみ投信
黄:鎌倉投信
紫:コモンズ30

他の独立系投資信託に比べてもひどい成績となっている「みのりの投信」

 

数ある独立系投資信託の中でもパフォーマンスは下位にになっています。正直、運用成績は物足りないと断じざるを得ないでしょう。

当ブログでは以下独立系投資信託についてまとめていますので参考にしていただければと思います。

 

 

まとめ

「みのりの投信:はどちらかというとマイナーな独立系投資信託です。

2013年から運用していますが、7年間運用を行い20%しか資産が増えていないというのは投資家が期待するリターンを満たしているとは到底いえない水準となっているでしょう。

他にも日本には投資信託という形態にこだわらず、一流のファンドマネージャーが運用するヘッジファンドという特別な選択肢もあります。

今回紹介した独立系投資信託を更に超える選択肢について、証券アナリストの筆者の目線から紹介しているので以下参考にしていただければと思います。

資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

 

ランキング

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

マザーズの小型ベンチャー株に思いっきり資金を投入。一か八か、株価が急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

資産運用の重要性

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てのどういうわけか資産が増えない運用方法はやめましょう。クラシック且つ質実剛健な資産運用を行なっていくべきです。

私も資産運用歴はもうかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

【ロイヤル・マイル】投資信託「ベイリー・ギフォード世界長期成長株ファンド」を徹底...

NO IMAGE

【さわかみファンド】さわかみ投信と評判のひふみ投信の運用成績・方針・手数料を徹底...

NO IMAGE

AR国内バリュー株式ファンド 『愛称 : サムライバリュー』を評価。ヘッジファン...

NO IMAGE

【ブログ更新】高利回り評判の投資信託「企業価値成長小型株ファンド(通称:眼力)」...

評判シリーズ・ダブルブレイン(ブル&マイルド)を評価!2商品の違いと投資戦略の仕...

NO IMAGE

長年の歴史を誇るフィデリティ・日本成長株・ファンドを徹底評価!特徴から口コミや評...