日本電産の追い風でハイリターン?スパークス・ベスト・ピック・ファンド(ヘッジ型)の運用実績・評判などを確認してみた。

「スパークス・ベスト・ピック・ファンド」というアグレッシブな名前のファンドを見つけてしまいましたので、今回調査してみました。

名前だけ見ると、これを買っとけば大丈夫かのような雰囲気を出していますが、どのようなファンドなのでしょうか?

スパークス・ベスト・ピック・ファンドとは?

JASDAQに上場する「スパークス・グループ」が運営しているスパークス・アセット・マネジメント株式会社が運用しているファンドです。独立系運用会社です。

日本株に投資するファンドであり、先物取引を通じてリスクの低減を図り、中長期運用をしています。少数銘柄に集中投資をしていくことを基本としているので、狙っているのは大きなリターン。

 

絶対収益型であるヘッジファンドという形で運用をしています。このようなファンドであれば、毎年コンスタントにどれくらいの収益が出せているのかを見る必要があります。(後述)

株価指数先物取引等の売建て

スパークス・ベスト・ピック・ファンドの概要

目論見書を抜粋します。

<商品分類>

  • 単位型・追加型:追加型
  • 投資対象地域:国内
  • 投資対象資産(収益の源泉):株式
  • 補足分類:特殊型(絶対収益追求型)

<属性区分>

  • 投資対象資産:その他資産(投資信託証券(株式 一般))
  • 決算頻度:年2回
  • 投資対象地域:日本
  • 投資形態:ファミリーファンド

 

投資対象とポートフォリオ

投資対象は、以下となっています。

わが国の金融商品取引所に上場している株式の中から、『魅力的』と判断した銘柄に投資します。

『魅力的』な銘柄とは、高い技術力やブランド力があり、今後グローバルでの活躍が期待出来、成長していく日本企業(新・国際優良企業)をいいます。

 

日本企業(新・国際優良企業)とは、国内市場で圧倒的シェアと強固なビジネスモデルを持つ、世界的ブランド企業としています。

国内市場で圧倒的シェアと強固なビジネスモデルを持つ、世界的ブランド企業 企業調査の着眼点

企業調査の着眼点などは、特段目新しいものではない気がします。ポートフォリオは一体どうなっているのでしょうか?

No. 銘柄 業種 構成比(%)
1 日本電産 電子機器・部品 6.84
2 ソニー 家電 6.64
3 ソフトバンクグループ 通信 6.04
4 リクルートホールディングス 人材サービス 5.68
5 キーエンス 電子機器・部品 5.49
6 シマノ 輸送用機器 5.38
7 ダイキン工業 機械 5.04
8 テルモ 医療機器 4.65
9 ロート製薬 医薬品 4.48
10 ユニ・チャーム 化学 4.27
11 参天製薬 医薬品 3.93
12 日産化学 化学 3.84
13 花王 化学 3.72
14 アニコムホールディングス 保険 3.54
15 ミスミグループ本社 商社・卸売 3.54
16 ファーストリテイリング アパレル販売 3.04
17 クボタ 機械 2.35
18 メルカリ インターネット 2.13
19 三菱商事 総合商社 1.32
20 アリアケジャパン 食品 0.41

日本電産、ソニー、ソフトバンク、リクルート、キーエンス。なんというか、普通のポートフォリオですね。時価総額の大きい企業を少し並べ替えているだけのように見えます。

時価総額ランキング@2021/3/11

順位 コード 市場 名称 取引値 発行済み株式数 時価総額(百万円) 単元株数
1 7203 東証1部 トヨタ自動車(株) 15:00 8,091 3,262,997,492 26,400,913
2 9984 東証1部 ソフトバンクグループ(株) 15:00 10,290 2,089,814,330 21,504,189
3 6758 東証1部 ソニー(株) 15:00 11,010 1,261,058,781 13,884,257
4 6861 東証1部 (株)キーエンス 15:00 47,790 243,207,684 11,622,895
5 9432 東証1部 日本電信電話(株) 15:00 2,813 3,900,788,940 10,972,919
6 9983 東証1部 (株)ファーストリテイリング 15:00 94,830 106,073,656 10,058,965
7 6098 東証1部 (株)リクルートホールディングス 15:00 5,054 1,695,960,030 8,571,382
8 8306 東証1部 (株)三菱UFJフィナンシャル・グループ 15:00 593.3 13,581,995,120 8,058,198
9 9433 東証1部 KDDI(株) 15:00 3,468 2,304,179,550 7,990,895
10 7974 東証1部 任天堂(株) 15:00 59,740 131,669,000 7,865,906

それは言い過ぎでした。しかし、リターンが出ていれば誰も文句を言わないはずです。

スパークス・ベスト・ピック・ファンド(ヘッジ型)の運用実績

実績をみていきます。まずは基準価額。

スパークス・ベスト・ピック・ファンド(ヘッジ型)の基準価格の推移

2020年のコロナショック後に大きく上昇していますが、その前の2019年末時点はなかなかの落ち目だったように見えます。

組み入れ銘柄1位の日本電産の飛躍により、基準価額の向上に繋がっているように感じます。

日本電産の株価推移

日本電産は6ヶ月で株価が2倍になりました。日本電産は中国の景気回復先駆けや、EV向けの駆動モーター事業の将来性を背景に強い買いが入っています。

日本電産をポートフォリオに組んでいるその選球眼は素晴らしいものだと思います。具体的なリターンはどれくらいなのでしょうか?

 

1年 3年
(年率)
トータルリターン 6.61%
カテゴリー 3.21%
+/- カテゴリー 3.40%
順位 24位
%ランク 30%
ファンド数 80本
標準偏差 6.79
カテゴリー 9.76
+/- カテゴリー -2.97
順位 36位
%ランク 45%
ファンド数 80本
シャープレシオ 0.97
カテゴリー 0.33
+/- カテゴリー 0.64
順位 25位
%ランク 32%
ファンド数 80本

 

年率で6.61%程度となっています。年間収益の推移は以下の通りです。

スパークス・ベスト・ピック・ファンド(ヘッジ型)の年間収益率の推移

2018年設定以来、2018年8.1%、2019年-1.4%、2020年13.6%。非常に安定しない運用ですね。これであれば毎年5%運用のインデックス投資の方が安心して資産を増やせます。

買うべきか・買わないべきか?

見てきた通り、スパークス・ベスト・ピック・ファンドは2020年こそ運用利回りが13.6%となりましたが、2019年はなんとマイナスです。

 

私個人が大事にしている価値観でもあるのですが、投資をする上で「損をしない」ことが最重要だと思っています。

これは投資の神様ウォーレン・バフェット氏の格言を参考にしています。

「第1ルール、損しないこと。第2ルール、第1ルールを忘れるな」というものです。

 

資産運用においては、1年で2倍、とか3倍、などというリターンを求めるものでもなく、またそれは実はあまり価値のないものです。

今年ファンドに預けて資金が2倍になっても、来年はマイナス、その次の年は微益、その次の年は大きくマイナス、などと、ボラティリティが激しい運用に価値はありません。コンスタントな積み上げと複利が最もインパクトがあるのです。

 

それよりも、しっかりと損を出さずに、安定的にリターンを重ねることが、富裕層への近道なのです。

バフェット氏は毎年20%前後のリターンをコンスタントに長年積み重ねたことから、史上6人目の$100 Billion Clubに入るほどの資産を築けたのです。1,000億ドル(約10兆円)とは途方もない数字ですね。

Warren Buffett Becomes Sixth Member of $100 Billion Club

その意味で、スパークス・ベスト・ピック・ファンドは3年ですでにマイナスを出してしまっているところにどうしても信頼がおけません。

 

次の3年でプラス運用を続けた場合に、信頼して資金を預けると思います。そんなところでしょうか。

コンスタントに利益を出せるファンドは他にありますので、今のところは資金ができたらそこに追加投資していく方針を取っています。

資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

 

ランキング

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

マザーズの小型ベンチャー株に思いっきり資金を投入。一か八か、株価が急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

資産運用の重要性

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てのどういうわけか資産が増えない運用方法はやめましょう。クラシック且つ質実剛健な資産運用を行なっていくべきです。

私も資産運用歴はもうかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

【ブログ更新】全世界に投資できると評判のキャピタル世界株式ファンドを徹底評価!限...

NO IMAGE

AR国内バリュー株式ファンド 『愛称 : サムライバリュー』を評価。ヘッジファン...

NO IMAGE

投資信託はおすすめしない!儲けられない理由を日本の投信の質、商品提供側の考え方か...

NO IMAGE

長年の歴史を誇るフィデリティ・日本成長株・ファンドを徹底評価!特徴から口コミや評...

NO IMAGE

マイ・ウェイ・ジャパンの評判はどうか。チャートやリターンから投資妙味を考える

NO IMAGE

【世界株式絶対収益追求ファンド】マクロ・トータル・リターン・ファンドを評価。JP...