世界各国の株式及び債券に投資を行う野村ワールドスター オープンの評判はどうか?ロング・ショート型本格派ファンドの見通し

ここまで様々なファンドの投資方針、ポートフォリオ、実績などをみて投資妙味のあるファンドはあるのかどうか見ていますが、やはり投資信託を選ぶというのは難易度が高いのではないかと考え始めています。

投資信託を色々と調査しているのは日本のアクティブファンドはインデックスファンドに勝てないのは何故なのか、という点を自分でしっかり見て何か考察できればなと思ったのも一因としてあります。

今回取り上げるのは、『野村ワールドスター オープン』です。

野村ワールドスター オープンとは

世界各国の株式及び債券に投資をすることでリターンを目指すファンドです。ベンチマークは、MSCIワールドインデックスフリーです。

MSCIワールドインデックスとは、米MSCI社が提供する外国株式インデックスです。

世界中でグローバル投資の際のベンチマークとして最も有名なインデックス シリーズとなります。同指数をベンチマークとしたインデックスファンドも多数あります。

 

MSCIワールドインデックス

対象は先進国24か国、新興国(エマージング)21か国、フロンティア国25か国の約70か国。各国市場の時価総額上位約85%(Small Capシリーズを含めると最高99%)をカバーする広範なインデックス。

https://myindex.jp/data_i.php?q=MS1130JPY

 

概要

目論見書を一部抜粋します。

<商品分類>

  • 単位型・追加型:追加型
  • 投資対象地域:内外
  • 投資対象資産(収益の源泉):資産複合
  • 補足分類:特殊型(ロング・ショート型)

<属性区分>

  • 投資対象資産:その他資産
  • 決算頻度:年2回
  • 投資対象地域:グローバル(日本を含む)
  • 投資形態:ファミリーファンド
  • 為替ヘッジ:あり(部分ヘッジ)
  • 特殊型:ロング・ショート型

シーソーの関係にある株式と債券を機を見て積極的に投資をしていくということですね。

王道投資だと思います。テーマ株にも一部入れるとのことで、ファンドマネジャーの手腕が問われるファンドだと思います。

ポートフォリオ

投資セクターは以下の通りとなっています。

業種別上位(株式) (2020年01月24日現在)
電気機器 13%
機械 10%
輸送用機器 10%
医薬品 7%
情報・通信 7%

 

電気機器・機械・輸送機器などオールドエコノミー関連に集中していますね。この時点で派手なリターンは狙っておらず堅実な印象を受けます。

ポートフォリオは以下の通りとなっています。

順位 銘柄 コード 業種 組入比率
1位 スズキ 7269 輸送用機器 0.64%
2位 日本電産 6594 電気機器 0.62%
3位 日本新薬 4516 医薬品 0.59%
4位 東レ 3402 繊維 0.55%
5位 SMC 6273 機械 0.54%
6位 第一三共 4568 医薬品 0.46%
7位 ダイフク 6383 機械 0.46%
8位 武田薬品工業 4502 医薬品 0.46%
9位 日本製鉄 5401 鉄鋼 0.43%
10位 太陽誘電 6976 電気機器 0.41%

 

自動車のスズキ、日本電産と、EV推進に向けて大きく動きそうな銘柄がトップ2となっております。とはいえ組入比率は大きく、やはり分散でポートフォリオを大きなリスクに晒さない方針であることがよくわかります。

野村ワールドスター オープンの実際の実績

基準価額を見ていきましょう。

野村ワールドスターの基準価格の推移

コロナショックをしっかり回復し、日本電産などは株価が大化けしていましたから、やはり上昇チャートを描いていますね。

実際のリターンを見ていきましょう。直近1年は35.79%と飛躍しています。3年は12.32%、5年は14.32%。

 

1年 3年
(年率)
5年
(年率)
10年
(年率)
トータルリターン 35.79% 12.32% 14.32% 10.80%
カテゴリー 3.21% 0.40% 2.26% 2.39%
+/- カテゴリー 32.58% 11.92% 12.06% 8.41%
順位 1位 3位 1位 1位
%ランク 2% 5% 3% 10%
ファンド数 80本 60本 42本 11本
標準偏差 24.42 17.48 14.32 13.8
カテゴリー 9.76 7.99 8.87 6.37
+/- カテゴリー 14.66 9.49 5.45 7.43
順位 78位 58位 36位 11位
%ランク 98% 97% 86% 100%
ファンド数 80本 60本 42本 11本
シャープレシオ 1.47 0.71 1 0.78
カテゴリー 0.33 -0.1 0.19 0.26
+/- カテゴリー 1.14 0.81 0.81 0.52
順位 11位 7位 3位 1位
%ランク 14% 12% 8% 10%
ファンド数 80本 60本 42本 11本

 

素晴らしい運用成績ですね。年間収益率の推移をチェックしに敷きましょう。

野村ワールドスター オープンの年間収益率の推移(暦年ベース)

2018年に大きくマイナスを出しており、2015年、2011年もマイナスですね。なるほどですね。2020年の大きなリターンが、長期トータルリターンの大きさに繋がっていることがわかります。

このリターンのからくりは、やはり組み入れ比率は大きくないもののポートフォリオのNo.2となっている日本電産の株価上昇が寄与しているのでしょう。

日本電産の株価

日本電産の株価上昇の理由としては超小型ファンモーターの出荷が過去最高を記録していること。またEVトラクションモータで世界シェア拡大に動いていることが要因とされています。

米国のテスラモーターの株価が急騰したように、EVセクターの注目は年々上昇し、2020年には一気に昇華しました。

 

EVの代表ETF「iShares Self-Driving EV and Tech ETF(IDRV)」のパフォーマンスは以下の通りとなっています。

iShares Self-Driving EV and Tech ETF
1y 3y Incept.
Total Return (%) 58.51 37.96
Market Price (%) 59.56 38.29
Benchmark (%) 58.7 38.22
After Tax Pre-Liq. (%) 58.34 37.66
After Tax Post-Liq. (%) 34.92 29.64

 

ポートフォリオ第一位のスズキも、EVは独自路線で電動化戦略を進めておりコロナショック後の株価は堅調です。ただし、EVバブルともいえるこの現象は一度は弾けるでしょう。

現状はEV自動車メーカーも乱立しており、競争も激しくなってきています。

ある程度の下落をこなして、のちにゆったりと株価が上昇していくセクターだと思います。それは日本電産も同様です。

まとめと投資妙味について

個人的には、野村ワールドスター オープンの成績は素晴らしいと思います。2020年のコロナバブルに乗れたことも、評価すべき点です。

しかし、どうしても気になるのがやはりマイナスを出してしまう年があるということ。

 

長期で運用を任せる上で、失敗がある年があるというのはやはり許容できないところで、その失敗が2018年と直近に起こっていることです。

ただし、成績が常に悪いアクティブ投信の中では優秀と言えるでしょう。

参照:アクティブ運用型投資信託とパッシブ(=インデックス)運用型投資信託のどちらが優れている?リターンに加えシャープレシオや手数料水準から徹底比較!

 

野村ワールドスターオープンと同様、優良ファンドについても色々とまとめていますので、参考にしてみてください。

資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

 

ランキング

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

マザーズの小型ベンチャー株に思いっきり資金を投入。一か八か、株価が急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

資産運用の重要性

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てのどういうわけか資産が増えない運用方法はやめましょう。クラシック且つ質実剛健な資産運用を行なっていくべきです。

私も資産運用歴はもうかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資「おおぶね」を徹底評価!評判の投資信託の実態...

NO IMAGE

ロボット戦略世界分散ファンド『愛称:資産の番人』を評価!次世代型AI運用のリター...

NO IMAGE

TOPIXを上回る実績が評判の東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンをブログ...

評判の日興レジェンドイーグルファンドを徹底評価!資産成長コースと毎月決算コースと円ヘッジコースの違いについても比較する。

評判の日興レジェンドイーグルファンドを徹底評価!資産成長コースと毎月決算コースと...

NO IMAGE

2020年高いリターンを出し評判となった「グローバルAIファンド」を徹底評価!為...

NO IMAGE

日本電産の追い風でハイリターン?スパークス・ベスト・ピック・ファンド(ヘッジ型)...