トマ・ピケティの本「21世紀の資本論」をわかりやすく要約~資産運用の必要性と格差拡大の要因を説く~

トマピケティの「21世紀の資本論」は聞いたことがあるけど、結局どのような内容なのか分からないと思っている方も多いのではないでしょうか?簡単に言えば、世界中の多くの人が資産運用をするキッカケとなった本です。

 

本日は、投資初心者の方でもわかるようにトマ・ピケティ氏の「21世紀の資本論」についてお伝えしていきたいと思います。

今回の記事をご覧いただければ、資産運用の必要性と格差が世界で拡大し続けている理由についてご理解いただける内容になっていますので是非ともご覧いただければと思います。なかなか衝撃な内容なので、是非とも知識を共有させていただきます。

21世紀の資本論の凄いところ

何よりもこの21世紀の資本論の凄いところは格差が拡大していくことを、20カ国以上の国の3世紀にわたる「所得と資産の歴史」から実証したことです。

事実彼自身も本を執筆するのに要した時間は1年弱だったそうです。しかし、データを集めるのに15年以上かかっていると述べています。

何事も「準備が全て」とは言いますが、これだけのデータをよくぞ集めてきたなと思います。

 

世の中のこうだろうなーという理論を歴史的に証明したという点が凄いところなのです。

日本のデータは一橋大学から提供されていたみたいですね。しかし、15年間所得と資産の関係を調べ続けるなんて狂気の沙汰です。

これまで様々な書籍で「資産運用はするべき!」というものはたくさんありますが、歴史の裏付け有りのものは初めてでしょう。次の項目で述べますが、まさにお金持ちの人たちが庶民の人々に知って欲しくなかった真実が暴かれています。

 

要点①:経済成長率(g)<資本収益率(r)

その真実が「g<r」です。

 

「g<r」は「21世紀の資本論」の中で最も有名な公式なのではないでしょうか。

経済成長率に応じて賃金が上昇していくので経済成長率は賃金の成長率と読み替えます。

この経済成長率を「g」とします。

 

資本収益率というのは資産を資産運用した場合の運用利回りです。

資本収益率を「r」とします。

 

つまり「g<r」というのは「資本収益率」が「賃金の成長率」を上回り続けていることを表しています。実際に彼の論文から以下ご覧ください。

 

賃金が伸びるスピードより早い資本が成長するスピード

過去一貫して、賃金の成長率(g)を資本収益率(r)がアウトパフォームしているということを示しています。つまり歴史的に恒久的に以下の式が成立しているということです。

 

r(資本収益率)  >  g (賃金成長率)

 

簡単に解釈すると、お金持ちは資産運用でどんどんお金持ちに。

労働者はいつまでも労働者であるということです。そしてその差はなんと開いていますと。強烈なディストピアってことです。救いようがありません。

 

わかりやすく例を用いて説明していきましょう。

年収500万円の人の給料は来年には2%成長とすると510万円にしかなりません。

同じく500万円の資産を資産運用すると5%成長して525万円になるということが示されているわけです。

 

つまり給料の上がり方は漸進的なのに対して、資産運用の伸び率は飛躍的だということですね。

 

3%しか違わないのなら大した差ではないのではないかと思われた方いらっしゃると思います。しかし、複利は時間が経過すると共に甚大な差となります。

以下、2%と5%の複利の差をご覧ください。

2%と5%の複利の差
2%成長 5%成長
現在 500 500
1年後 510 525
2年後 520 551
3年後 531 579
4年後 541 608
5年後 552 638
6年後 563 670
7年後 574 704
8年後 586 739
9年後 598 776
10年後 609 814
11年後 622 855
12年後 634 898
13年後 647 943
14年後 660 990
15年後 673 1,039
16年後 686 1,091
17年後 700 1,146
18年後 714 1,203
19年後 728 1,263
20年後 743 1,327

 

現在給料500万円の人は30年後に900万円にしかなりません。

500万円を資産運用した場合は2160万円になっているのです。

 

つまり、資産運用できるだけの資産を持っている人と、給料収入を生活費に充てているだけの人とでは時間が経過するにつれて資産に大きな差が生じてしまうということを示しているのです。

 

実際に1970年から2010年までの期間の日本でみると、国民所得に対する民間の資産の割合は戦後の約3倍から約6倍に増えています。

日本人は殆ど投資しない性向がありますが、それでも富裕層は投資を行っている結果、日本人の資産はGDPに対して6倍に増えているんですね。

 

そんなこといっても、なかなか資産運用に回す資金がないよという方は、貧しいサラリーマンから一大資産を築いた明治大正昭和期の日本のスーパーサラリーマン本多静六氏の貯蓄法をまず実践してみてはいかがでしょうか。

本多静六「私の財産告白」を読んで①~名言と本多式4分の1貯蓄法について解説~

 

とは言え節約にも限界があり、静六氏も結局は山林投資で大儲けしたことが大きかったので、節約ももちろん大切ですが、やらなければならないのは投資リターンの向上です。

 

要点②:格差を世襲を通じて拡大する

特に日本ような人口が減る社会においては、時代を経るにつれて格差が拡大していくというリスクを抱えているとピケティは指摘しています。

例えば親が5000万円の資産を保有していたとして、子供が10人いたら1人あたり500万円の資産しか相続されませんが、子供が1人の場合は丸々5000万円が相続されます。

 

この5000万円を先程みた資産運用からの運用益である資本収益率から考えると、5%で運用していけば、資産が膨張していくわけです。

少子化が進む日本やその他の先進国では前の世代が形成したと見をその後の世代が纏めて受け継ぐので資産の蓄積が加速し、格差が更に広がっていくろいう時代が到来すると警告しています。

 

富裕層の子供は更に富裕層になっていき、資産がない家の子供は貧しいままという構図になっていくわけですね。生まれが全てだなんて信じたくはありませんが、そんな時代が到来しようとしています。

要点③:格差是正には世界規模での資産への課税強化

ピケティは格差がこのまま拡大していくと欧州で広がりを見せたポピュリズムの拡大が続きます。世界大戦のような悲惨な結果を招く可能性があることを警鐘しています。

 

最近、ニューヨークで「我々は99%だ」運動がおこったことも記憶に新しいですよね。日本も資産運用があまり活発ではないといっても富裕層は投資を行うため格差は拡大気味です。

 

しかし、更に資産運用を積極的に行っている米国ほどではありません。以下、日本と米国と英国の家計資産の構成比率をご覧ください。

格差是正には世界規模での資産への課税強化

米国では上記のように日本に比べて圧倒的に資産運用を行っている割合が大きこともあり、富裕層はより富裕層になっていくわけです。

その結果、米国では上位1%の資産が全体の40%近くを占めるレベルになりました。

 

また所得に関しては少し古いデータになりますが、リーマンショック後の09年から12年で上位1%の収入が31.4%伸びたのに比して、

下位99%の同期間の所得の伸びは0.4%に留まったとカリフォルニア大学の研究により発表されています。

 

これは上位1%の給与収入が上がったのではなく、保有資産の上昇が招いた結果です。資本収益率の大きさが給与所得の伸びを大きく上回ることが確認された形となります。

また世界的にはなんと上位62人の保有資産が下位35億人の保有資産と同じという恐ろしいデータがBloombergより発表されており、格差が大きく拡大していることが確認されピケティの調査の正しさが実証されているのです。

 

その為、ピケティは富裕層の収入ではなく資産に課税をして、中間層以下を救うために所得の減税を提言しているわけです。

 

当然ですよね、資産から5%の収益が期待できるわけですから資産から税金をとって、伸びの低い収入の税金を減額して富裕層の資産成長を抑え、労働者階級に余裕ができるようし資産を再配分しましょうという施策です。

格差是正には世界規模での資産への課税強化

そもそも日本も株式投資の例をとってみても、利益に対する税は20%です。所得税の最高税率が40%近いことを考えると現状はかなり優遇した水準なので、これを逆転させましょうということです。

 

資産運用の必要性

このようにピケティの提言が世界的に政府に受けいられられるんだったら、このまま真面目に労働を行えば良いです。

しかし、そもそも政治家と富裕層は繋がっておりますし、政治家自体も富裕層が多いので現在の税制が変更される可能性は低いでしょう。

 

であるならば歴史的に証明されている通り、自分たちで少しづつでも種銭をためて資産運用をおこなっていく他に道はないのです。資産運用を行わないのであれば相対的にどんどん貧しくなっていくことを避けることを考えなければいけません。

税金の政策変更は期待するべきですが、それは我々個人が頑張るべきところではありません。資産運用を積極的に実施していくべきなのです。自分の身は自分の身で守るということですね。

 

貯蓄については本多静六の4分の1貯蓄法を推奨しますが、資産運用については以下にておすすめの資産運用先を実際に筆者が投資しており最も推薦できる投資先を以下にまとめていますので是非参考にしてみてください。

【最新2021年度版】管理人ワタルのおすすめ投資先ランキング BEST3!〜ヘッジファンドなどをポートフォリオに組み入れ守りながら勝ち続ける〜
大切な資産を預けるのだから、実績があり、尚且つ本当に信頼のおけるファンドに預け入れたい。しかし、どのように選んだらいいのか分からないと投資先を迷...
資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

 

ランキング

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

マザーズの小型ベンチャー株に思いっきり資金を投入。一か八か、株価が急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

資産運用の重要性

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てのどういうわけか資産が増えない運用方法はやめましょう。クラシック且つ質実剛健な資産運用を行なっていくべきです。

私も資産運用歴はもうかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

ルネッサンス・テクノロジーズを率いるジェームズ・シモンズについて特集!短期的な市...

NO IMAGE

元本保証の代表格定期預金について徹底解剖!おすすめの高利回りの銀行について紹介す...

NO IMAGE

投資初心者が投資ポートフォリオを作る際におすすめの考え方や注意するポイントを解説...

NO IMAGE

ハイリスクハイリターン投資は危険?ローリスクミドルリターン投資を実行し資産を構築...

NO IMAGE

【投資は怖い?】日本人はなぜ失敗を恐れ資産運用しないのか?投資の話を嫌い、頑なに...

【最新2021年度版】管理人ワタルのおすすめ投資先ランキング BEST3!〜ヘッジファンドなどをポートフォリオに組み入れ守りながら勝ち続ける〜

【最新2021年度版】管理人ワタルのおすすめ投資先ランキング BEST3!〜ヘッ...