【レバレッジ型投資信託のリスク】評判の楽天日本株4.3倍ブルを楽天日本株トリプルベアとの比較を交えて徹底評価!大損する可能性がある理由をわかりやすく解説する。

レバレッジ型の投資信託は投資信託の中でも人気上位に多くランクインしています。

第2位:楽天日本株4.3倍ブル
第9位:SBI日本株4.3倍ブル
第10位:楽天日本株3.8倍ベア

人気のレバレッジ型の投資信託

本日は楽天日本株4.3倍ブルについて取り上げます。まず、レバレッジ型の投資信託の危険性についてお伝えした上で、投資する妙味があるのか紐解いていきたいと思います。

レバレッジ型の投資信託の罠!知られざるリスクとは?

今までレバレッジをかけることの危険性については包括的に説明してきました。

→ 投資信託で大損するリスクをわかりやすく説明!手数料よりも深刻な利回りの悪さ。〜投信営業マンの嘘を暴く〜

上記に加えてレバレッジ型の投資信託には知られざるリスクが存在しています。

毎日のリターンにレバレッジをかける特徴

レバレッジ型の投資信託は日々の値動きにレバレッジをかけます。例えば10月1日から10月30日の間に対象となるインッデクスが20%上昇したとします。

するとダブルブルの場合、2倍の40%上昇するわけではありません。あくまで日々の値動きの2倍なので結果は異なったものとなります。以下シミュレーションをご覧ください。

 

0日目 1日目 2日目 3日目 3日間
トータル
指数上昇率 +10% +20% ▲10% +18.8%
指数 10,000 11,000 13,200 11,880
ダブルブル
上昇率
+20% +40% ▲20% +34.4%
ダブルブル
基準値
10,000 12,000 16,800 13,440

 

指数が18.8%上昇しているにもかかわらず、ダブルブルは2倍の37.6%より低い34.4%しか上昇していません。

指数が横ばいでもレバレッジ型投信は下落する

指数が思った方向と違う方向で下落したら大暴落となります。しかし、指数が期間を通して横ばいであったとしてもレバレッジ型投資信託の基準価格は下落してしまいます。

停滞相場で下落するレバレッジ型投資信託
0日目 1日目 2日目 3日目 3日間
トータル
指数上昇率 +20.00% ▲33.33% +12.5% 0%
指数 10,000 12,000 8,000 10,000
ダブルブル
上昇率
+40% ▲66.66% +25% ▲41.7%
ダブルブル
基準値
10,000 14,000 4,666.2 5,832.75

 

これがダブルベアだったとしても結果は違うもののダブルベアも下落してしまいます。

 

0日目 1日目 2日目 3日目 3日間
トータル
指数上昇率 +20.00% ▲33.33% +12.5% 0%
指数 10,000 12,000 8,000 10,000
ダブルベア
上昇率
▲40% +66.66% ▲25% ▲25%
ダブルブル
基準値
10,000 6,000 10,000 7,500

つまりレバレッジ型の投資信託というのは流れが明確な時にのみ投資妙味があるのです。相場が停滞している時でもジリジリと値を下げるということを十分認識しておきましょう。

楽天日本株4.3倍ブルはどんな投資信託?

では本題の楽天日本株4.3倍ブルがどのような投資信託なのかという点についてお伝えしていきたいと思います。

日経平均の日々の値動きの4.3倍

楽天日本株4.3倍ブルは日々の基準価格の値動きが日経平均の概ね4.3倍の値動きになるように設定された投資信託です。

目論見書には「わが国の株式市場全体」と記載されていますが、レバレッジを使用するために用いているのは日経平均株価先物指数です。

楽天日本株4.3倍ブルの仕組み

つまり、日経平均に対して4.3倍のレバレッジをかけることを目的とした投資信託であるということができます。

楽天日本株4.3倍ブルの手数料は高い

楽天日本株4.3倍ブルはアクティブファンドですが、行なっていることは日経平均先物にレバレッジをかけているだけです。

しかし、購入手数料と信託手数料は高い水準となっています。

購入手数料:3.3%
信託手数料:1.243%(年率)

初年度は5%近い手数料が発生することになってしまうのです。

楽天日本株4.3倍ブルの悲惨な成績

では肝心な楽天日本株4.3倍ブルの悲惨な成績について見ていきましょう。

設定来のパフォーマンスは60%

楽天日本株4.3倍ブルのパフォーマンスは運用が開始された2016年から6年間たって+60%という結果になっています。ただ、最大70%の下落も経験しており非常にボラティリティの高い値動きとなっています。

楽天日本株4.3倍ブルの基準価格の推移

では肝心の対象となっている日経平均株価と比べてみましょう。

日経平均と比較して劣後した成績

以下は楽天日本株4.3倍ブルと日経平均を比較した図です。

青色:楽天日本株4.3倍ブル
赤色:日経平均株価

楽天日本株4.3倍ブルと日経平均株価の比較

楽天日本株4.3倍ブルは2016年や2018年末からの横ばい相場でも大きく基準価格を下げています。結果的にブルファンドであるにも関わらず、日経平均に劣後した成績になってしまっているのです。

まさにレバレッジ型投資信託の罠にはまってしまっている状態ということができますね。

楽天日本株トリプルベアも同様に下落

さらにベアファンドと比べて見ましょう。

青色:楽天日本株4.3倍ブル
緑色:楽天日本株トリプルベア
赤色:日経平均株価

楽天日本株4.3倍ブルと楽天日本株3倍ベアと日経平均株価の推移の比較

 

日経平均がプラス圏で推移しているにも関わらず、ブルファンドもベアファンドもマイナスの結果となっています。

レバレッジ型投信の活用方法とは?

今まで見てきた通り特性上レバレッジ型投資信託に長期間投資を行うと基本的に基準価格が下落します。

レバレッジ型投資信託はあくまでピンポイントで相場のどちらかの方向に勢いがある局面のみ有効となる投資先です。ただ、予想が外れると大出血となるので投機と同様の性質があると見ておいた方がよいでしょう。

まとめ

レバレッジ型の投資信託は賭けた方向と逆の方向に行った時は大損となることは勿論のことと、相場が横ばいの場合もジリジリと基準価格を下げて行きます。

結果としてある程度の期間でみるとレバレッジをかけたブルファンドもベアファンドも指数に対して大幅なマイナスの成績となってしまっています。

仮に活用するとするのであれば、ピンポイントで相場に方向感が生じている時に短気的に取引するようにしましょう。

資産形成も急がば回れです。レバレッジ型投資信託は資産形成には不向きな投資信託です。下落をミニマイズしながら着実に資産形成を行いたいという方は以下ランキング形式でおすすめできるファンドについて纏めていますので参考にしていただければと思います。

資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

 

ランキング

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

マザーズの小型ベンチャー株に思いっきり資金を投入。一か八か、株価が急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

資産運用の重要性

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てのどういうわけか資産が増えない運用方法はやめましょう。クラシック且つ質実剛健な資産運用を行なっていくべきです。

私も資産運用歴はもうかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

評判の日興レジェンドイーグルファンドを徹底評価!資産成長コースと毎月決算コースと円ヘッジコースの違いについても比較する。

評判の日興レジェンドイーグルファンドを徹底評価!資産成長コースと毎月決算コースと...

NO IMAGE

アクティブ運用型投資信託とパッシブ(=インデックス)運用型投資信託のどちらが優れ...

評判シリーズ・ダブルブレイン(ブル&マイルド)を評価!2商品の違いと投資戦略の仕...

NO IMAGE

ヘッジファンドと投資信託の違いとは?運用形態、手数料、最低出資額を含めて網羅的に...

NO IMAGE

投資信託「投資のソムリエ」は評判通りの投資信託なの?話題の投信を基準価格の今後を...

NO IMAGE

悪利回りでおすすめしない?危ないからやめた?評判の投信【セゾン資産形成の達人ファ...