【世界株式絶対収益追求ファンド】マクロ・トータル・リターン・ファンドを評価。JPMグローバル・マクロ・オポチュニティーズ・ファンドへ投資をするファンズ・オブ・ファンズ。

投資信託を色々と調べるのは本当に面白いですね。

人気の投信などを調べていると、ファンドが考える未来と、それをどう個人投資家が捉えているかどうかが浮き彫りになります。

当然、最も大事なのはリターンなのですが、やはりAI、ロボティクス、フィンテックなどは投資をしていて面白いわけです。火傷する可能性も高いわけですが。

テーマ株に特化したファンドを選ぶのは難しいですし、何よりも売り時が本当にわからないという悩みが出てくるんですね。

 

ここで思い出すべきなのは、本当の資産運用はとてもつまらない、ということです。

つまらないですが、損を出さずにコンスタントなリターンを出す、ということが理想です。

つまり、コンスタントに利益を出すファンドさえ見つけてしまえば、本業などに集中すべきなのですよね、株式相場を専業で張ろう!と考えている人以外は。

 

蛇足が長くなりましたが、今回はまた投資信託について調べてみたいと思います。

取り上げるのは、「マクロ・トータル・リターン・ファンド」です。

マクロ・トータル・リターン・ファンドとは?

グローバルなマクロ環境に関する複数のテーマを選定し、当該テーマに沿った投資戦略を組み合わせて運用を行い、絶対収益の追求をめざすファンドとされています。

運用は三菱UFJ国際投信株式会社です。

 

「グローバル」という言葉がこの3年、本当に流行っていますね。以前からも使われている言葉ですが最近は特に異常です。

例えば

 

など、グローバルだらけですね。世界の株式に目を向けてみようというメッセージでもあるかもしれませんね。

常にテーマ株が流行する中で、グローバルを見渡すとトレンドが多数あり、それを追いかけるファンドが増えているということだと思います。

ただし、テーマ株はテーマ株。トレンドはトレンドです。

世界各国の株式と債券に投資

目論見書を一部抜粋します。

<商品分類>

  • 単位型・追加型:追加型
  • 投資対象地域:国内
  • 投資対象資産(収益の源泉):資産複合
  • 補足分類:特殊型(絶対収益追求型)

<属性区分>

  • 投資対象資産:その他資産
  • 決算頻度:年2回
  • 投資対象地域:グローバル(日本を含む)
  • 投資形態:ファンド・オブ・ファンズ
  • 為替ヘッジ:あり(部分ヘッジ)
  • 特殊型:絶対収益追加型

 

ファンドの目的

日本を含む世界各国の株式、債券およびデリバティブ取引等の幅広い資産を実質的な主要投資対象とし、特定の市場に左右されることなく収益の獲得をめざします。

 

グローバルなマクロ環境に関する複数のテーマを選定し、投資戦略を組み合わせ運用し絶対収益の追求を目指すということで、完全にヘッジファンドですね。

世界中を見渡してリターンを狙うと。特定の市場に絞らずに投資をするということですね。

 

JPMグローバル・マクロ・オポチュニティーズ・ファンドに実質的いん投資を行なっている

ファンドの仕組みは以下の通りとなっています。

マクロ・トータル・リターン・ファンドの運用の仕組み

ファンドオブファンズですので、ファンドマネジャーの手腕というよりも、マクロトータルリターンファンドが選んだ投資信託(つまりJPモルガンと三菱国際投信)のファンドマネジャーの手腕が問われるということですね。

JPモルガンは米国有名証券会社ですね。

 

◆ J.P.モルガン・アセット・マネジメントは、世界有数の金融サービス会社であるJPモルガン・チェース・アンド・カンパニー傘下の資産運用部門です。長い歴史における数々の企業再編を経て、豊富な知識、経験、資源をグローバルに共有し、競争力のある情報と投資ノウハウを世界中のお客さまにご提供する実績豊富な資産運用グループです。

 

テクノロジー銘柄に多く投資するポートフォリオ

ポートフォリオをみていきましょう。

ほとんどの運用をJPモルガンアセットマネジメントに運用を任せています。

資産構成 比率
JPMグローバル・マクロ・オポチュニティーズ・ファンド
(Iクラス)(円建て、円ヘッジ)
99.10%
マネー・マーケット・マザーファンド 0%
コールローン他(負債控除後) 0.90%
合計 100%

 

JPMグローバル・マクロ・オポチュニティーズ・ファンドの最新のポートフォリオ分配は以下の通りになっています。

JPMグローバル・マクロ・オポチュニティーズ・ファンドの最新のポートフォリオ分配

これ以上はJPMグローバル・マクロ・オポチュニティーズ・ファンドに投資していないと中身は見えませんが、株式70%、テクノロジー20%と世界中のテーマを追いかけていることがわかります。

特に、北米は当然ボリュームが大きくなりますが、次に日本を除くアジアに積極的に投資をしており(大半が中国と想像)、バランスの取れた構成になっているように感じます。

 

マクロ・トータル・リターン・ファンドの運用実績

まずは基準価額をチェックしましょう。

マクロトータルリターンファンドの基準価格
1年 3年
(年率)
5年
(年率)
トータルリターン 11.83% 3.96% 3.33%
標準偏差 4.97 4.75 6.49
シャープレシオ 2.38 0.83 0.51

 

2018年から泥沼にはまっていますが、コロナショックの影響がそこまで見受けられないのはもうダウンサイドが埋まってしまってたということなんでしょうか。

それでも2018年初頭の水準には戻っていないですね。

 

トータルリターンはというと、やはりコロナショックがありつつも直近1年のリターンは10%となっています。3年はしかし1.38%と厳しいですね。

 

損は出さずに堅くプラスを積み上げていくファンドなのかというと、年間収益率の推移を見るとそうでもありませんでした。

 

2016年、2018年にマイナス運用、2017年は14.9%と良い結果ですが、私個人としてはそこまでのボラティリティをファンドに求めたくありません。

 

投資妙味はあるのか?

正直、5年間のうちマイナスリターンが二回、プラスリターン三回(うち一年微益)となってくると、資産運用にはこの堅実ではない運用は障害になります。

例えば、1000万円を運用した場合の結果を見ればそれは明白です。

 

マクロ・トータル・リターン・ファンドで5年運用した結果は以下です。

5年でリターンは15%です。1年14.9%と良い成績を出していても、損失を出した年が存在するとそのリターンは著しく低くなります。

Year 元本 リターン 利回り
1 10,000,000 -550,000 -5.50%
2 9,450,000 1,408,050 14.90%
3 10,858,050 -466,896 -4.30%
4 10,391,154 72,738 0.70%
5 10,463,892 1,077,781 10.30%
6 11,541,673

 

例えば、派手さはなくとも、年利回り10%をコンスタントに出すファンドの場合、以下のようなリターンになります。

Year 元本 リターン 利回り
1 10,000,000 1,000,000 10%
2 11,000,000 1,100,000 10%
3 12,100,000 1,210,000 10%
4 13,310,000 1,331,000 10%
5 14,641,000 1,464,100 10%
6 16,105,100

 

5年でリターンは161%です。単年で大きなリターンを出さずとも、とにかくプラスを叩き出し続けることが大切なのです。

ウォーレンバフェット氏の言葉でもこれは徹底されていることがわかります。

第1ルール、損しないこと。第2ルール、第1ルールを忘れるな」

 

これは利回りが7%でも同じようにインパクトは大きく違います。5年で利回り40%です。

 

Year 元本 リターン 利回り
1 10,000,000 700,000 7%
2 10,700,000 749,000 7%
3 11,449,000 801,430 7%
4 12,250,430 857,530 7%
5 13,107,960 917,557 7%
6 14,025,517

 

マイナスを出さない、プラスのリターンを維持し続けられるファンド探しの旅に出ましょう。損失を出してしまったファンドが投資家の信頼を取り戻すのは、3年ほど必要だと考えています。

その後に、再度投資を私は考えます。

資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

 

ランキング

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

マザーズの小型ベンチャー株に思いっきり資金を投入。一か八か、株価が急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

資産運用の重要性

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てのどういうわけか資産が増えない運用方法はやめましょう。クラシック且つ質実剛健な資産運用を行なっていくべきです。

私も資産運用歴はもうかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

ピクテ・グローバル・インカム株式(毎月分配)を徹底評価。高配当・公益セクターに投...

NO IMAGE

投資信託はおすすめしない!儲けられない理由を日本の投信の質、商品提供側の考え方か...

NO IMAGE

【ブログ更新】高利回り評判の投資信託「企業価値成長小型株ファンド(通称:眼力)」...

NO IMAGE

ヘッジファンド型運用が評判の投資信託「ダブル・ブレイン」を徹底評価!野村アセット...

NO IMAGE

暴落を幾度となく経験し不調にあえぐ「ひふみ投信」や「ひふみプラス」の時代は終わっ...

NO IMAGE

【コモンズ投信】評判のコモンズ30ファンドは魅力的なの?肝心な利回りや手数料を含...