世界経済インデックスファンドを徹底評価!世界の株式・債券に分散投資できると評判の投資信託の魅力と欠点を紐解く。

世の中には様々な投資信託が存在しています。

従来は日本の株や債券に投資するファンドが多くを占めていましたが投資の世界もグローバル化の波が押し寄せています。

本日は世界にバランスよく投資出来ると話題の世界経済インデックスファンドについて、詳しくみていきたいと思います。

世界経済インデックスファンドの概要

まずこの投資信託の概要をみていきましょう。

 

【設定日】2009年1月26日
【運用会社】三井住友トラスト・アセットマネジメント
【投資先】全世界の株式並びに債券  (後で詳述します)
【分配金】都度月ごとに設定(直近は0)
【手数料】購入手数料 3.24%  信託手数料 0.54%

 

投資先については詳しく見ていきますが、まず手数料について見ていきましょう。信託手数料は各指数を組み合わせて組成している投資信託ということもあり、低く抑えられており長期投資に適している水準といえるでしょう。

また分配金についてです。

日本人は基本的にお小遣いが入ってくるのが好きなので、分配金を選好する傾向にあります。しかし、分配金を再投資する方が長期的には投資家にとってプラスのリターンをもたらします。

現在の世界経済インデックスファンドの分配金を出さないという方針は好ましいでしょう。(以前は分配金を出していた形跡がありますが)

世界経済インデックスファンドの資産別投資割合

まずは債券と株式の投資割合についてです。世界経済インデックスファンドでは株式と債券の割合を50対50に設定しています。

世界経済インデックスファンドの資産別投資割合

この割合については株式投資の王様であるウォーレン・バフェット氏の師であるベンジャミン・グレアム氏が推奨している比率でもあります。バランスの取れた割合ということが出来るでしょう。

 

ベンジャミン・グレアムのバランスシートに焦点を当てた投資手法とは?デメリットや欠点を含めて解説する!

 

また、同様に世界の資産に投資しているセゾン投信の「セゾン・バンガードグローバルバランスファンド」も同様に株式と債券の投資比率を半々に設定しています。

世界経済インデックスファンドの国別投資先

まず投資先の割合を見る前に現在の世界のGDPの新興国と先進国の割についてご覧ください。

世界のGDPのシェア
GDPシェア
米国 24%
日本 6%
他の先進国 33%
新興国 37%

 

一方株式市場の時価総額のシェアは以下のようになっています。GDP比率に対して新興国が過小評価されています。

世界の時価総額のシェア
GDPシェア
米国 58.8%
日本 6.4%
他の先進国 21.0%
新興国 13.8%

参照:VTI(=全世界株式ETF)

然し、現状は若干過大評価気味とはいえ世界に時価総額の半分以上が米国というのは驚きですね。

それでは世界経済インデックスファンドの構成はどうなっているかというと以下のようになっております。

世界経済インデックスファンドの国別構成比率
世界経済インデックスファンド
時価総額シェア
米国 36.7%
日本 9.7%
他の先進国 25.0%
新興国 28.6%

 

完全にGDP比と一致しているわけではありいませんが、より実体経済の割合と整合した形での比率にしていることがわかります。

この為、より世界経済の成長の恩恵をダイレクトに反映しやすいファンドとなっているわけです。

世界経済インデックスファンドの運用成績

次に重要な運用成績についてです。

リーマンショック後は堅調も近年は停滞

先進国株、先進国債権、新興国株、新興国債券とバランスよく分散していることにより、リーマンショック後の世界経済の立ち直りを見事に再現しています。

世界経済インデックスファンドのリターン

 

丁度この間も2011年度の停滞期、2014年からのチャイナショックや資源価格下落による新興国の不振の影響を反映しています。

世界経済の温度をダイレクトに反映している投資信託であるといえますね。コロナショックからも比較的ボラティリティ低く回復しています。

セゾンバンガード・グローバルバランスファンドと比較

それでは世界経済インデックスファンドと同様に世界の株と債券に50%ずつ投資しているセゾンバンガード・グローバルバランスファンドと比較してみます。

青:世界経済インデックスファンド
赤:セゾンバンガード・グローバルバランスファンド

世界経済インデックスファンドとセゾンバンガードグローバルバランスファンドとの比較

上記は設定来の成績ですが殆ど同じ成績となっています。

世界経済インデックスファンドの欠点

ここまで見てきて安定投資型の長期投資向きの投資信託であるということは言えますが、一つ欠点があります。

まず各資産の連動目標としているインデックスをご覧ください。

各資産クラスの対象指数

全体の50%×30%=15%をしめる新興国株式が連動目標としているのがMSCI エマージング・マーケット・インデックスというのは見逃せない点です。

これは新興国の株式市場の時価総額比で国を決定している為、現在の構成国は以下のようになっております。(以下は同じくMSCI エマージング・マーケット・インデックスを連動目標としているVWOの国別構成を参考にしています)

新興国の時価総額の比率
新興国時価総額シェア
中国 36.8%
台湾 18.2%
インド 14.5%
ブラジル 6.0%
南アフリカ 3.9%
サウジ 3.6%
ロシア 3.1%
タイ 2.5%
メキシコ 2.3%
マレーシア 2.0%
その他 7.1%

 

時価総額比としてしまった結果、現在高成長を終えて低成長となっている韓国・台湾や、今後失速が予測される中国という東アジアの三か国で60%を占めているのです。

更にブラジル、ロシアといった今後大きな成長が見込みにくくなっている国を含めると70%を超えてきます。本当に魅力的な成長が見込まれる新興国に投資することができないのです。

この点については、注意した方が良いといえるでしょう。

総評と欠点

これまで見てきたように、世界経済インデックスファンドはパッシブファンドとして世界経済の成長をダイレクトに享受できる配分で投資をしています。

年間の運用手数料も低いこともあり長期投資には適している投資信託ということが出来ます。

実際私が所属していた総合商社での確定拠出年金でもこの投資信託は組み込まれており、他の選択肢が微妙であったこともあり私は100%この投資信託に配分しておりました。

然し、細部を見てみると新興国株式の分野がMSCI エマージング・マーケット・インデックスを参照している為に、成長が鈍化している国の構成が大きく、今後の魅力的な新興国の経済成長を享受することが出来ません

資産を飛躍的に増やす方法は明確に決まっている

 

ランキング

資産を大きく増やすにはどうすれば良いのでしょうか?

マザーズの小型ベンチャー株に思いっきり資金を投入。一か八か、株価が急騰を願ったり、信用取引でレバレッジを思いっきりかけてみるのも良さそうです。仮想通貨の草コインも人生一発逆転があるかもしれません。

断言します。上記のような思考の方は一生資産が増えません。そもそも一発の取引で大儲けを狙えるというのは、同じく容易に資金を溶かす可能性も高いということです。そんなものは投資とは言えません。投機と考えても質が低いです。もう少し丁寧に資産の扱い(延いては人生)を考えてみましょう。思考をガラリと変えてみましょう。

 

大事なのは「リターンが小さくても確実にプラスを、時間をかけて積み重ねていく(複利を生かす)」ことです。世界一の投資家であるウォーレン・バフェット氏も投資で最も大切なのは以下の2つのルールとしています。

 

  1. 絶対にお金を損しないこと。
  2. 絶対にルール1を忘れないこと。

 

資産運用の重要性

この「損をしない」「プラスリターンを確実に積み重ねていく(複利を生かす)」という重要性を理解したところで資産運用は始まります。好きな企業の株、高配当・優待目当てのどういうわけか資産が増えない運用方法はやめましょう。クラシック且つ質実剛健な資産運用を行なっていくべきです。

私も資産運用歴はもうかなり長いです。そしてこの思考に辿り着き、プラスリターン×複利運用を実施してからの資産増加スピードは圧巻でした。この哲学を実践している、私のポートフォリオに入っているファンドも今回まとめてみました。ぜひ参考にしてみてください。

 

ランキング

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

【ブログ更新】高利回り評判の投資信託「企業価値成長小型株ファンド(通称:眼力)」...

NO IMAGE

マイ・ウェイ・ジャパンの評判はどうか。チャートやリターンから投資妙味を考える

NO IMAGE

農林中金<パートナーズ>長期厳選投資「おおぶね」を徹底評価!評判の投資信託の実態...

NO IMAGE

【レバレッジ型投資信託のリスク】評判の楽天日本株4.3倍ブルを楽天日本株トリプル...

NO IMAGE

ひふみ投信が新たに発足させた世界の株式市場に投資する評判の「ひふみワールド」と「...

NO IMAGE

日本配当追求株ファンド(価格変動抑制型) 『愛称:はいとう日本』を評価。絶対収益...